印鑑の習慣は世界中ではごく一部の国の習慣と言えます。
ですので多くの国では直筆のサインがはんこの印鑑の代わりとなります。
そしてはんこを利用する文化を持つ日本には同じはんこでもいろいろなはんこがあります。
認印、銀行印、実印、会社印、代表印などなど。
社会人になりはんこを利用することも多くなりますが高額の分割払いローンなどを利用するときには印鑑証明書を求められます。
印鑑証明書は各市町村の役所で貰えますがそのまえに印鑑登録をしなければなりません。
その印鑑登録に必要なのがはんこで登録したあとは実印と呼ばれます。


特に印鑑登録ようにはんこの規制はありませんが長い間使うのとはんこの種類のなかでもとても大事なはんことなりますので理解したうえではんこを選ぶと良いと言えます。
逆に言えば実印というのは各市町村の役所で印鑑登録したはんこということになります。
いくら純金で作った立派なはんこでも印鑑登録をしていなければ実印とはいえないのです。


実印は様ざまなところで必要になりますので社会人になったのであれば実印を作りに役所へ印鑑登録することをおすすめします。
銀行印にも規制はありませんが出来ることなら実印と銀行印は別のはんこにすることが良いと言えます。
どちらも自分の大事な財産を守るものでもありますので一つにすることで万が一無くしたり偽装されたときのことを考えると別々のはんこにすることで防ぐことができる理由があります。
一人前の社会人の証しでもありますので実印を持ちましょう。